« はじまり、はじまり~っ! | トップページ | チビ太1号 »

古代米入り

Image847

こんにちは。

久しぶりに古代米(黒米)入りご飯を炊いてみました。あのプチプチ感、いいわ~!

普段は白米:玄米を6:4の割合で炊いてますが、そこへさらに古代米を入れたので三色ご飯になりました。黒いつぶつぶが古代米。黄色っぽくみえるのが玄米。白米は古代米の色素でピンクに染まってます。

奥に見える赤い容器はワタクシの”朝の友”、大好きなおかめ納豆。大葉、ゴマ、酒粕トッピングです。

これをよくかき混ぜて古代米入りご飯にON!こうなってくると、ゴージャスを通り過ぎて、なんでもあり?

”甘酒カフェ ゆふ”では、この古代米の入った”古代の赤甘酒”というメニューがあります。”古代”には”いにしへ”というふりがなが付きますが、”いにしへ”は”いにしえ”と発音してください。ややこしくてすみません。

この赤甘酒は、田原市商工会の特産品開発で甘酒の元として誕生した、柴田屋酒店オリジナル商品です。諸般の事情で甘酒の元の販売は休止中。”甘酒カフェゆふ”でのみお召し上がりいただけます。

米と米麹の甘酒なのでお酒臭さはありません。普通のお米に古代米を少量混ぜてあります(白米、古代米ともに田原産)が、古代米の色素が溶けだして全体がピンク色。

この色素、実はあの”アントシアニン”なんです。ブルーベリーにも含まれていて、目にイイといわれている抗酸化ポリフェーノールの一種。良さげでしょ~?

甘さ控えめで、さっぱりと仕上げてある”古代の赤甘酒”、冷たいのも、温かいのも、ぬる~いのもイケますよっ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

|

« はじまり、はじまり~っ! | トップページ | チビ太1号 »

甘酒カフェ ゆふ」カテゴリの記事

コメント

ぴーちゃん、こんにちは。
”古代の赤甘酒”は特産品として自慢できる商品だと思います。本当に美味しかったです。また柴田屋酒店さんオリジナルというのが、付加価値をさらに倍増させているのでしょうね。
先日、社内で”あさりせんべい”が配られました。得意先様からの頂き物でした。せんべいの包みをよく見ると、田原市と書いてあったので、思わずぴーちゃんの甘酒がリンクしました。田原市には、興味深い名物商品がたくさんあるのですね。
時間ができたら行きたいなあ。その時はまず、”甘酒カフェゆふ”さんで一服したいですね。

投稿: 港湾人 | 2010年6月12日 (土) 18時02分

港湾人さん、こんにちは。
そうですか。
ついに”あさりせんべい”は港湾人さんの職場にまで進出しましたか。
田原の特産品の出世頭です。

田原は海産物や農産物(野菜、畜産、花き、米等)で溢れかえっています。
田原市だけなら食料自給率はほぼ100%ではないでしょうか?
普段は意識しないけれど、恵まれてるんですよね。

なんにもない所だけど、まったりできますよ~。
ぜひ、お越しください!

投稿: ぴーちゃん | 2010年6月13日 (日) 12時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代米入り:

« はじまり、はじまり~っ! | トップページ | チビ太1号 »