« タニシの謎 | トップページ | タイムスリップ »

船旅

Image676 こんにちは。

「どちらからいらしたんですか?」「渥美から来ました。」

夫と初めて会ったとき、こんな会話をしたのを覚えています。

「”アツミ”?・・・・・・あ~ぁ、知多半島の!?」

「それは”内海(うつみ)”!」、隣にいた友人に突っ込みを入れられました。

申し訳ないけれど、その頃名古屋に住んでいたワタクシの頭の中の愛知県地図から渥美半島は消えていました。その記憶から消えていた土地に、その数年後に住むことになろうとは・・・。

後になってこのことを夫に話すと、この会話をしたこと自体を良く覚えていないクセに「渥美からなんて言うはずがない。言ったとしたら”田原”だ!」と言い張ります。(まだ合併する前のことです。)

だったらワタクシがこのやりとりをこんなに鮮明に覚えているわけはないと思うし、もし田原と言われたら、「それってどこでしたっけ?」と聞いたに違いありません。

そう。その頃のワタクシの渥美半島の記憶はただ一つ・・・小学校低学年頃、船に乗って伊良湖に渡り、伊良湖ビューホテルでなにやらトロピカルなショーを見ながら大アサリを食べた。いとこの家族がワタクシ達姉妹を連れて行ってくれた思い出です。

その後、ホテルのプールで泳いだりして楽しかったな・・・。なにより船で移動するというのは、海の見えない所で暮らすワタクシ達にとって特別な体験でした。

昨夜、伊良湖と鳥羽を結ぶ伊勢湾フェリーの廃止のニュースを耳にして、残念でなりません。田原、鳥羽のそれぞれの市長が国や県へ支援要請をするということですがどうなんでしょうね。

小学生のワタクシが乗ったのは多分、師崎から伊良湖への名鉄フェリーだと思いますが、結婚してから一度鳥羽に旅行に行く時に伊勢湾フェリーを利用したことがあります。

1時間足らずの船旅ですが、デッキで潮風をうけながら遠くの島を眺めてすごす時間。1000円払って渋滞の高速道路をいく旅よりも風情がありますよ。

|

« タニシの謎 | トップページ | タイムスリップ »

ぴーちゃんのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/47905673

この記事へのトラックバック一覧です: 船旅:

« タニシの謎 | トップページ | タイムスリップ »