« 春よ来い | トップページ | オヤジガーデン »

もやしもん

こんにちは。

今日は雨の一日。晴耕雨読と申しますので、今日は本のご紹介。

と言っても、絵の書いてある本。でも、とっても為になる本、ワタクシの愛読書、酒屋のバイブル・・・”もやしもん”(石川雅之/講談社)です。

Image593_2 主人公は種麹(たねこうじ)屋の息子。お酒を仕込むときなどに使う麹(こうじ)を作るお商売ですね。この種麹屋さんのことを”もやしもん”というらしいです。

この種麹屋の息子はなぜか菌か見えるんですね(その菌がまたカワイイ!)。幼なじみの酒蔵の息子と共に農大に入学。そこで発酵を研究する教授と知り合うのですが、菌が見えるがためにいろんな事件に巻き込まれていくというお話し。

いろんな発酵食品が登場しますが、特にお酒についてはよく描かれていて、勉強になります。ワタクシが仮にもお酒についての僅かながらの知識があるので余計にそう感じるのかもしれませんが、その辺がまた特におもしろい。作者の石川さん、実に良くお勉強されているのではないでしょうか。脱帽です。そして、ありがとうございます。

一昨年の柴田屋酒店の建て替え工事中、”もやしもん”の存在を知り、当時発行済みの1巻から6巻をまとめて購入。あまりのおもしろさに夢中で読んだのですが、5巻の途中で読むのをやめました。だって、この巻を読み終えたら、残り一冊。それを読み終えたらもうその続きが読めない!そんなのいやだ~!!

ワタクシ、そういう変な性格なんです。ちなみに、大好きな物は最後に食べるタイプです。そういう人はロマンチストらしいですよ。あ、関係ないですね。

その後、柴田屋酒店新店舗がオープンして引っ越しやなんやでバタバタしたので、ちょっと”もやしもん”のことを忘れていましたが、このたび、7巻、8巻も購入。

やったー!これで5巻から7巻までは読めるぞー。(また1巻残すんかいっ!)

|

« 春よ来い | トップページ | オヤジガーデン »

ぴーちゃんのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私は最後から何でも読むという最低な性格です・・・。
ほんとイヤな読者。

追伸:バームクーヘンを持って行けなくてすみません。
   何度かゲットしてますが、あつまるタウンのみんなで食べちゃって・・・。


投稿: 田原あつまる子 | 2010年2月12日 (金) 14時49分

あつまる子さん、こんにちは。
えっ!そんな読み方があるんですか?
結末がわかっちゃったら、読んでても面白み半減。
それは最低な性格というより、損な性格ですよ~。

追伸:実は、バウムクーヘンの話を義母にしたら、
   時々買ってきてくれるようになって、
   時々おやつにいただいています。
   楽して食べててすみません。


投稿: ぴーちゃん | 2010年2月12日 (金) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/47539079

この記事へのトラックバック一覧です: もやしもん:

« 春よ来い | トップページ | オヤジガーデン »