« 慰労会 | トップページ | 年末商戦 »

解体

Image111_3こんにちは。

懐かしい写真です。建て替え前の我が家の解体工事の様子です。今から一年半ほど前ですが、もっと以前のことのように思えます。

今の柴田屋酒店の建っている場所にあった中古住宅をリフォームした、ちょっとへんてこな家で、ワタクシの田原での生活は始まりました。

始めてふるさとを離れ知らない土地に来て、知らない人たちの中で生活をするという、期待と不安が交錯する中で始まった生活。今から思えば不安の方が大きかったな・・・。

(今じゃ、すっかりこの土地に馴染んでるというウワサもありますが、まだまだこの土地のことで知らないことはいっぱいあって、自分ではまだまだ新参者のつもりです。もちろん不安なこともいっぱいあります。)

だから、この家が壊されるときは複雑な心境でした。楽しい思い出が詰まった家が壊される寂しさと、不安だったり悲しかったりしたことがこの家と一緒に叩き潰されるような爽快感。このれから始まる新しい生活、新しい柴田屋酒店への期待感。これらが入り乱れてました。

なぜ、こんなことを急に思い出したかというと、昨日からお向かいの家の解体工事が始まったから。

うちの前の県道28号の拡幅のため、この道沿いのお宅は建て替えを余儀なくされています。去年まではうちの並びの数軒でテンポよく建て替えが続きましたが、景気が急激に悪化した影響でちょっと停滞ぎみ。久しぶりの解体工事です。この家にもきっといろんな思い出がいっぱい、いっぱい、詰まっているんでしょうね。

この家には高齢のご夫婦がお住まいでしたが、別の場所にお引っ越しされました。だから、解体工事が済むとここは更地になります。その昔は賑やかっだったというこの通りですが、今は駐車場や空き地が目につきます。道が拡がる代わりに人はいなくなる・・・。

こうなったら、ここの空き地にもパーっと菜の花の種を蒔きますかぁ~?

|

« 慰労会 | トップページ | 年末商戦 »

ぴーちゃんのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539462/46727552

この記事へのトラックバック一覧です: 解体:

« 慰労会 | トップページ | 年末商戦 »