« 椰子の実 | トップページ | 手作り看板 »

実は・・・

Image306 こんにちは。

いまさらなんですが、「甘酒カフェ ゆふ」とういう店名、実は「ゆふ」と書いて「ゆう」と読みます。ご存知でしたか?

柴田屋酒店内に甘酒カフェを始めるにあたり、店名をいろいろと考えたのですが、そんなに気のきいた斬新な名前も浮かばず、思案の末にひねり出したのが「ゆふ」。

ワタクシの名前が「ゆう子」だという噂もありますが違います。ワタクシより先に柴田屋酒店に登場した純米大吟醸「優(ゆう)」にちなんだ名前です。「優」は田原産コシヒカリを100%使用した柴田屋酒店企画・販売の地酒。女性にも飲みやすく香りのよい「優しいお酒」という意味で名付けられたそうです。ワタクシがまだ柴田屋酒店に登場する前、10年前の話です。

この地酒の「優」もワタクシの名前が「優子」で、それにちなんで付けたのではないかという憶測が一部で飛び交い、そのことをよく聞かれるので、せっかくそんないい話ができているならと「柴田優子」になりすましたこともありました。

発売開始から10年が経って、おかげ様で田原の皆様にも「優」の名前を覚えていただけるようになり、大切にしていかなければいけない名前。甘酒カフェも平仮名で「ゆう」にしようかと思ったのですが、ちょっと普通でつまらない。スナックの名前にありそう。

旧仮名づかいで「いふ」と書いて「ゆう」と呼んでもらおうかと思いましたが、英語の「if」だと思われるかもしれない。そこでもうひとひねりして「ゆふ」にしました。文字も丸みがあってやわらかい感じがするし、「なんて読むの?」って考えるくらいのほうがインパクトがあると思って。

こんなに苦労して考えても、「柴田酒屋さんの甘酒がおいしいってみんな言ってるから~」と飲みに来てくださるお客様があります。仕方ないですね、「柴田屋酒店」この土地に創業100年。こんなに地域に馴染んだ名前にそう簡単には勝てない・・・。

でも、でもいつか・・・”田原と言えば「甘酒カフェ ゆふ」”と言われるように頑張ります!!

手書きの看板、ワタクシが思いを込めて書きました。”へたうま”路線を狙ってます。インパクトはあるでしょ?

|

« 椰子の実 | トップページ | 手作り看板 »

甘酒カフェ ゆふ」カテゴリの記事

コメント

手書き看板サイコーです^^

今度うちの看板も書いてもらおうかな~。

投稿: てんちょーきよっち | 2009年8月20日 (木) 22時42分

きよっちさん、こんにちは。
ありがとうございます!看板書きますよ~。いい仕事しますよ~。
将来、いい値がつくかも・・・?

最近、きよっちさんもマメにブログの更新してますね。
ワタクシは、ブログを始めた当初、酒屋仲間に「最初はマメに更新するけど、そのうちネタが切れて書かなくなるんだよね~」と言われて、意地になって書いてます。
「いつも読んでますよ」と言ってもらえるのもうれしいけど、逆にこういう一言が原動力になることもありますよね。

きよっちさんのブログはいつもきれいなお花がいっぱいでホッとします。去年の新築開店祝いにいただいた、たくさんのアレンジフラワーの中でも、オレンジマムさんのはひときわ輝いていてましたよっ!!

投稿: ぴーちゃん | 2009年8月21日 (金) 11時22分

マメに更新してますよ~
今日なんかもう2回も書き込んじゃいました。

そう、結構な方がフェードアウトしてくのがブログ。だって日記ですもん。3日坊主もあって当たり前。継続する人は何やっても頑張れますよ。

「得」を売って「徳」を得る。この精神ですかね、商売は。人のためにどれだけ頑張れるか。金融崩壊を経験した今この精神がより必要になってくるのではないかと真剣に考える今日この頃です

投稿: てんちょーきよっち | 2009年8月21日 (金) 11時52分

きよっちさん、おっしゃる通り!
”継続は力なり”
がんばりましょうね~。

投稿: ぴーちゃん | 2009年8月21日 (金) 17時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は・・・:

« 椰子の実 | トップページ | 手作り看板 »