« 挿げ替え | トップページ | 謎の美女 »

甘酒専門店のさらなる悩み

こんにちは。

この前の日曜日、名古屋に住む友人と久しぶりにランチに出かけました。彼女もこのブログをよく見てくれていて、甘酒の話題になりました。

「甘酒専門店の悩み」(7/31)で書いたのですが、甘酒には「酒粕(かす)の甘酒」と「米と米麹(こうじ)」の甘酒の2種類があります。その話をしたところ彼女も甘酒は酒粕派。「米と米麹の甘酒ってなに?おいしいの?」とのこと。

ワタクシの知人(おもに愛知県尾張方面出身者)はみんな「米と米麹の甘酒」を知らないのです。反対に田原では「酒粕の甘酒」を知らない人が結構いるんですね。

以前、関西出身の人と甘酒の話をしていたら、その人が「関西では野菜だけでなく肉や魚を酒粕に漬けこんだり、甘酒や粕汁にしたりと、日常でもっと酒粕を利用した食品がたくさん食べられている」というのです。

Image295 そこでワタクシなりに仮説をたててみました。

関西は昔から灘や伏見など日本を代表する酒どころがあり、日本酒がたくさん作られています。そのため、酒粕もたくさん出まわります。しかしここ愛知県の東三河地方ではわずかに酒蔵があるだけで、地元で消費するだけの少量の日本酒が作られるのみ。必然的に酒粕の出まわる量も少ないので、酒粕文化が育たなかったのでは・・・。

ふふっ、我ながらみごとな分析!

しかし、今日の日本経済新聞で金沢に「あまざけBAR」オープンの記事を発見。「甘酒カフェ ゆふ」にライバル出現かと記事を目を皿のようにして読んでみました。う~ん、ライバルといえばライバルだけど、こちらはどうやら「米と米麹の甘酒」だけみたいですね。

でも、新潟をはじめ北陸地方も酒蔵は多そうだけど、米と米麹の甘酒も結構飲まれてるってこと?う~ん、わからないな~・・・。誰かそのへんのところを全国規模で統計をとっている人はいないのでしょうか。

画像は、柴田屋酒店オリジナル地酒セット。他では手に入らない代物ですよ~。お中元、帰省のお土産にぜひどうぞ!

酒粕派のみなさん、おいしい甘酒にはおいしい酒粕。おいしい酒粕の生産量を増やすため、おいしい地酒をたくさん消費してくださ~い!

|

« 挿げ替え | トップページ | 謎の美女 »

甘酒カフェ ゆふ」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

花屋です^^ 最近甘酒を飲みたい衝動に駆られてますので近々お邪魔しますね。

さて、ブログのリンクを張らせていただきました。相互リンクなんかいかがですか?
ちなみにきよっちのブログは移転しました。
http://orangemom2411.blog45.fc2.com/
で、まってますね♪

投稿: てんちょーきよっち | 2009年8月 5日 (水) 22時47分

昼休みなので、甘酒ではありませんがちょっと気になるところにコメントを。
「愛知県の東三河地方ではわずかに酒蔵があるだけで、地元で消費するだけの少量の日本酒が作られるのみ。」
 確かに、東三河には酒蔵は少なかったかもしれません。しかし、お宅の壁に掛かっている額縁「田中酒造」は同じ愛知県の酒所半田の酒蔵です。若い頃半田に住んだことがあり、田中酒造の店主のお宅にも伺ったことがあります。そこでの知識なのですが、江戸の頃、半田のお酒は灘にも負けないくらいの酒蔵が並んでいたそうです。そのひとつミツカンはかって酒蔵でした。衣浦港から千石船に乗せられた酒樽は、江戸に到着するまでにすっかり揺られてころよく醸造がすすみ、半田の酒は江戸では灘よりも有名だったそうです。ところが、明治になって東海道が開通し、灘は列車で東京へ、半田は列車と船では船の勝ちと先進文明を拒否したので、大量輸送に負けて半田は衰退したそうです。もし列車に乗せていたら半田の酒こそ日本一になったとは半田の酒蔵の意見でした。というわけで、半田の酒の商圏である柴田酒店さんにある田中酒造の額縁は意味のあるものだったのです。
念のために言っておくと、私は田中酒造とは親戚ではありません。Jimchou


投稿: Jimchou | 2009年8月 6日 (木) 13時38分

きよっちさん、こんにちは!
相互リンク、いいですね~。で、それってどうやるの?
すんません、やったことないもんで・・・。ちょっと勉強してみます。

相変わらず、アクティブにご活動のご様子、見習わなければ!!
そちらに伺おう伺おうと思いながら、ついつい行きそびれていてすみません。お花の他にかわいい雑貨もいろいろ入ったんですね。いい感じ。見に行きます。

甘酒、キンキンに冷えてますので、よろしければご来店ください。

投稿: ぴーちゃん | 2009年8月 6日 (木) 16時10分

Jimchouさん、こんにちは。
ほ~っ、名古屋でバンカラをしていたと思ったら、半田方面もおさえていらしたんですか。
知多半島は渥美半島より人口が多いだけあって、産業や文化にもいろんな歴史がありそうですね。ワタクシは観光で訪れるくらいですが、いろいろと見て回るところがあって飽きないです。
実は、半田はまだ行ったことがないんです。確かに”半田は蔵の町”で昔はたくさんの酒蔵があったという話を聞いたことがあります。”国盛”の中埜酒造も半田ですしね。一度いってみたい場所のひとつです。

投稿: ぴーちゃん | 2009年8月 6日 (木) 16時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘酒専門店のさらなる悩み:

« 挿げ替え | トップページ | 謎の美女 »