専門店におまかせください!

こんにちは。

最近テレビで甘酒の特集をやっていました。



Pc120125麹の甘酒と酒粕の甘酒のそれぞれの健康効果などが紹介されまして、

甘酒業界、にわかに活気付いているようです。






今週はスーパーの甘酒・酒粕・米麹コーナーの前で足をとめる人をよく見かけました。





みなさん、迷いますよね。

甘酒も酒粕も米麹もいろいろあってどれを選んだらいいんだろう・・・?

甘酒を自分で作るっていってもうまく作れるのかな?





そんなときは、柴田屋酒店にお任せください!

柴田屋酒店では甘酒も酒粕も米麹も販売しております。





さらに、

柴田屋酒店の中には手作り甘酒が飲める

本格甘酒専門店、甘酒カフェ「ゆふ」があります。





甘酒のことならなんでもご相談に乗りま~す!






テレビの説明はザックリしてるのよね。

間違ったこと言ってる場合もあるし。

「スーパーでも手に入ります」とかいうけど

スーパーではいろいろ説明してくれないし。





そんなときはどうぞお気軽に柴田屋酒店にお越しください。





あ、耳寄り情報がひとつ。

田原産減農薬栽培コシヒカリで造る

田原の銘酒、純米大吟醸「優」の

しぼりたての酒粕が入荷しました。





Pc140126毎年、蔵元から届いたばかりの「優」の酒粕を

試食するのがワタクシの楽しみですが

今年のが、これまたおいしいっ!





おいしい酒粕の甘酒を作るコツは

やっぱりおいしい酒粕を使うこと。

「優」の酒粕なら間違いありません!





美肌効果もあるわよ~ん。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタシの漢字

こんにちは。

毎年年末に発表される「今年の漢字」、

今年は「災」に決まったそうです。

今年の日本の出来事を振り返ればまさにそうですけれども

そのまんますぎる感じがして、

ちょっとおもしろくない、かも。

あれは一般の人の投票で決めるんでしたっけ?






ワタクシが毎年勝手に選ぶ今年の漢字は






「力」。






カタカナの「カ」じゃないですよ。

「ちから」です。

「パワー」の「力」。



連日報じられるの「パワハラ騒動」は自分には関係のないところで起きている話ですが

聞くだけで嫌な気分になりました。






権力を持つと、みんなああなっちゃうのかな?

でも、「パワハラ」と言われるのを恐れて

なにも言えなくなっちゃうというのも怖いけれど・・・。



肝心なのは言う人と言われる人の信頼関係ではないかと思うのですよ。

だから、上から物を言いたい人は

人から信頼される人になりましょ~。






Pc140127あと、「自然の力」の恐ろしさ

地震、台風、水害・・・。





そしてそのことによっておきるライフラインの断絶。

これはワタクシの身近でも起こりました。

便利な今の世の中で「電力」が使えなくなるということが

どんなに不便なことかというのを実感しました。



こういうことが起きないとありがたみがわからないんですよね。






さあ、来年は元号も新しくなります。

新たな時代へ向けて

「力強く」進んで行こうではありませんか!!







うまくまとまったかな?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣をこれにしてみたら・・・Ⅱ

こんにちは。

以前、鶏のから揚げの衣に小麦粉の代わりに高野豆腐を使ってみたというお話しをしましたが

ちょっと前に、小麦粉の代わりにきなこを使ってもいいというのを何かで見まして

この前やってみました。






Pc060115なかなかいいです。






そう言われれば、あとからきなこの香ばしい香りがしてくるような気がしますが

言われなければ気付かないかもしれない。

もしきなこの香りがしたとしても

そもそもきなこはいい香りなので問題ないです。


きなこは色がもともとキツネ色なので油に入れるとすぐにキツネ色になりまして

火の通り具合がわかりにくいのが唯一の難点かな?



夫は後から「ちょっとパサパサする」と言っておりましたが

夫も言われるまできなことは気付かず、

多分ぱさぱさの原因は、ワタクシがはりきってきなこをたくさん入れすぎたからだと思います。





ワタクシとしては小麦粉の代わりに使うなら高野豆腐よりこっちです。






高タンパクだし糖質OFF。

クリスマスのチキンはこれだな。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産地あるあるⅡ

こんにちは。

昨日、夫が配達から帰ってきまして

車を車庫に戻さずに店の入り口に停めまして

店に入ってくると作業中のワタクシに

「それが区切りが付いてからでいいからちょっと来て」




あ!

配達先は農家さんだったのですが

そこのお宅は配達時によく野菜をくださることがあります。






「キャベツ!またはブロッコリー?」

そう言いながら車の方に歩いて行き

車の荷台を覗きこむと・・・






Pc070116カリフラワー。

しかも、巨大。

しかも、多数。






「ロマネスコ」と「カリフローレ」の二種類があったので

義母とそれぞれの種類を一つずつ取って、残りはご近所さんにおすそ分け。






ロマネスコは食べたことあるけど

カリフローレは初めてです。

そういえば産直で最近よく見かけます。


お昼には義母がカリフラワーを茹でてくれまして

それを見た夫、

「おっ!早速出たね」。


「いえ、それは前にもらったカリフラワーです」



Pc070118で、夜はワタクシがカリフラワーとブロッコリーと牛肉をオイスターソースで炒めて出したところ

また夫が

「おっ!これ今日もらったやつ?」




「いえ、まだ前にもらったカリフラワーがあったので・・・」



うん、採りたてがおいしいのはわかってる。

でも、前のから食べないと前のが腐っちゃうから。






ということで、

今日のお昼は昨日もらった(義母の)ロマネスコが一部登場しておりました。







田原ではブロッコリーだけでなくカリフラワーを作っている農家さんもあるようですが

最近はブロッコリー人気に押されて

カリフラワーの需要がイマイチらしいです。

カリフラワーは味が淡白な分いろんな調理法があって

これはこれでおいしいと思うんだけどな。






今夜のうちのメニューももちろんカリフラワーですが

前のがまだあるんで・・・。

カリフローレは茎まで食べられるそうです。

早く食べてみたいです。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始める理由

こんにちは。

一昨日のこのブログ

「明日書きます」と言ったのに

昨日は時流に乗ろうと「PayPay」ネタに走ってしまったので

今日書きます。






「甘酒愛」について。






甘酒カフェ「ゆふ」がオープンした10年前は

今みたいな甘酒ブームでも日本酒ブームでもなく

こんな時代が来るとは思わずにワタクシは甘酒カフェを始めました。






スーパーでもドラッグストアでもホームセンターでも安くお酒が買える時代、

酒屋さんというのは「敷居の高い店」なわけです。






なんとか気軽にお店に入ってきて欲しい。

そのためにはなにかここに来る動機付けが必要ではないか。

スーパーにもドラッグストアにもホームセンターにもない、

ここにしかないなにかが必要なんじゃないか。






その時あったのが「酒粕」でした。

田原産コシヒカリで造った純米大吟醸「優」の酒粕。


これがおいしくってね~。

いつも冬になるとおやつ時に甘酒を作って飲んでたんです。






で、こんなおいしいものを自分達だけで飲んで楽しんでいるって手はないぞ!

って話しになりまして

お店で売ったらどう?ということになり、

10年前の店舗の建て替えの時に店内に甘酒カフェ「ゆふ」をオープンしたんです。





そう、きっかけは「酒粕の甘酒」。





その後予期せぬ甘酒ブームが起こりまして、

甘酒を飲みに来てくださるお客様も増えまして

ありがたい限りでございます。






ただ、ワタクシの中にはちょっと悶々とした消化不良な部分があるんです。






ブームになっているのは「麹の甘酒」。

人気が麹の甘酒に集中するあまり

酒粕の甘酒の売れ行きがイマイチ。






麹の甘酒の大ブームで酒粕の甘酒はどこかに押しやられてしまってるんですね。






麹の甘酒をおいしいと言ってもらえるのはうれしいんですけど

酒粕の甘酒だっておいしい(と自分では思っている)。

こんなおいしいものを飲まずにみんな帰っちゃうの?

もったいない!


う~む・・・・・・






今月22日の10周年を迎えるにあたり

ここで初心に返って甘酒カフェのメニューを見なおしてみました。

そして見えてきたのが・・・






酒粕か麹、どちらかひとつを選ばなければいけないというから

お客様はついつい話題の麹の方を選んでしまうのでは?





「酒粕ってあまり馴染みがないけど

ちょっとくらいなら飲んでみたい気もする~」

っていう方、結構いるんじゃないかな?






Pb270071ということで、

「麹の甘酒人気」の勢いを借りて

酒粕の甘酒を売り込もうということで

この「のみくらべセット」を思いついた次第でございます。





ワタクシとしましてもどちらも10年、共に歩んできた大切な甘酒。

どちらかひとつじゃなくて

両方のおいしさを味わってもらいたいんです。

一度に両方飲んでもらえると思うとワクワクするな~!





で、この新メニュー「のみくらべセット」(500円、税込)なんですが

実はまだ始まっていません。

12月10日(月)から始まります。





カミング・スーン!

お楽しみに!!


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「PayPay」使えます。

こんにちは。

今はキャッシュレス時代だそうですね。


「ほ~っ!こんな便利なものがあるんだ」

と感心したのはほんの数日前だったような気がします。


Pc060112最近、柴田屋酒店でも「PayPay」(ペイペイ)が導入されました。






お客様がスマホでうちのバーコードを「ピッ!」とするだけで

お支払い手続きができるのだとか。






「AIRPAY」(エアペイ)は前から取り扱っておりまして

最近カードでのお支払いのお客様も増えてきましたが

いろいろとお店側でも操作があったり、

暗証番号の入力などで若干お時間がかかることがあります。





でも、「PayPay」だとそんな手間もいらないのね。

こりゃあ便利だ!






今、「100億円あげちゃうキャンペーン」というのをやっていて

「PayPay」でお支払いをすると利用金額の20%相当の「PayPayボーナス」が還元されるのだとか。


そのため、

都会のお店じゃ行列ができてるっていうじゃないですか?



あれ?

おかしいな~。

うちでも「PayPay」は使えるのに行列はできていませんけど~。





あ、そっか!

柴田屋酒店でも「PayPay」が使えるようになったというお知らせはしていませんでした。


安売りのビール系飲料は別としても

絶対に値引きしないお酒というのも世の中にはありまして、

これらのお酒も「PayPay」でお得に買えるということですね。






おおっ!いいではないですか~。

このチャンスにおいしいお酒を!

あ、お歳暮にも使えますよ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「甘酒のみくらべセット」

こんにちは。

柴田屋酒店内に併設されている本格甘酒専門店・甘酒カフェ「ゆふ」、

実は今月の22日で開店10周年を迎えます。






10年か~。






長かったような、あっという間だったような・・・.

なんだかんだ言いながら、おかげ様で10周年でございます。

ありがとうございます。






それでですね、

10周年記念の新メニューというのが間もなく登場します。






「甘酒のみくらべセット」(500円、税込)





何を飲みくらべるかと言うと

「麹の甘酒」と

「酒粕の甘酒」。






Pb270071二つの甘酒がお盆にのって一度に出てきます。





それと、

「季節のフレーバー」か

「ミルク」のいずれかをお選びいただきます。

これが小さな器に入って付いてきます。






まず、「麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」を飲みくらべ

半分くらい飲んだところに

付いてきた「季節のフレーバー」か「ミルク」を

それぞれの甘酒に加えて召し上がっていただきます。


すると・・・


わ~ぉ!

なんとも欲張りな

4種類の甘酒の味が一度に楽しめる、

画期的なシステムになっております。






なんでこういうメニューを思いついたかというのは

また話が長くなりますので

明日にでも書かせていただきますが



まあ、一言で言うと・・・



「愛」

でしょうか?






「甘酒愛」

ですね。






この新メニュー「のみくらべセット」は

12月10日(月)から始まります。

みなさんお誘い合わせの上ご来店くださいませ。



尚、甘酒カフェゆふの営業時間は

・午前10時~午後1時

・午後3時30分~午後5時30分

の二部制です。






柴田屋酒店とは異なりますのでよろしくお願いいたします。

日曜日は定休日です。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう1度

こんにちは。

以前お知らせしましたが、再度のご案内です。



Pb170019来年の1月1日(火)に発売される「蓬莱泉 新春初しぼり 2019 己亥」、

柴田屋酒店では予約販売とさせていただいております。

そのご予約の受付の締切日が迫ってまいりました。

来週の月曜日、12月10日です。





毎年元日の朝、というか夜中?

年が明けてすぐのまだ暗いうち、

その年になって初めて搾るお酒を

その日のうちに瓶詰めしまして、

その日のうちに販売をするという

フレッシュでおめでたい純米吟醸酒です。






柴田屋酒店では朝から設楽町にある関谷醸造に向かいまして、

瓶詰めしたてのお酒を昼頃受け取って

午後2時より店頭にてご予約のお客様にお渡しします。

(※お渡しは1月2日以降でも可能です)






元日のその日に関谷醸造まで受け取りにくる酒屋さんは

東三河でもそんなに軒数は多くなくて

元日にこのお酒が飲めるというのは本当にかなりレアなんですよ。






「実は年が明ける前にもう搾って、瓶詰めして用意してある」

という噂がまことしやかに流れておりますが

それはデマです。

だれか見たんかいっ!?






元日に、酒蔵から詰めたてのが出てくのをワタクシは見てますから。

作業が遅れて待たされることだってあるんだから。

そこで時間潰すの、大変なんだから。





そんな関係者の努力の甲斐あってか

毎年ご購入いただいた方には大変好評で

リピーター続出です。

無ろ過しぼりたての濃厚で若々しい旨みは

クセになりますよ~。





まだ予約されていない方、

12月10日(月)までにお申込をお願いいたします。

予約しようかどうしようか迷っている方も

迷っていないで12月10日(月)までに予約してください。





サイズは二種類。

720ml ¥1600(税別)と

1.8L ¥3200(税別)です。






Pc040110「たまぽカード」をお持ちの方は、

お支払いに「500円クーポン」をお使いいただくと

クーポン1枚に付き200円もお得になりますので

ぜひご活用ください。






ということで

ご予約のお申し込みは

柴田屋酒店

TEL:0531-22-0826

FAX:0531-23-2489

まで。

お待ちしておりま~す!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車の中で食べるもの

こんにちは。

昨日、所用でひとりで電車に乗って名古屋に出かけました。





帰りの電車に乗ったのは夜8時を過ぎておりましたが

食事はまだとっていなかったので

座席指定券を買って電車の中で食べることに。





お弁当を買って電車に乗ると

ワタクシの隣の席にはすでに人が座っていました。

若い女性だったのですが、ちょうどお食事中。

よかった。

自分だけ美味しいにおいを漂わせて隣でお弁当食べるのもちょっと気がひけますが

並んで食べるならお互いさま。





早速、折り畳みのテーブルを出し

お弁当を広げてワタクシも食べ始めたのですが・・・。





彼女のテーブルのこちら側には「グラマシーニューヨーク」の小さな紙袋が二人の空間を隔てるように置いてありました。

「グラマシーニューヨーク」、デパ地下に入ってる有名なケーキ屋さんですね。






だから、彼女の手元はそんなによく見えなかったのですが、

電車の中の狭い空間、

見ようと思わなくてもどうしても視界の片隅に入ってくるんですよ、食べているものが。





グラマシーニューヨークの袋のその向こう側に小さな白い箱。

その箱の中の何かを食べている彼女。





彼女が食べていたのは、





ケーキ。

しかも2個。

まあ、この状況から推測するに

グラマシーニューヨークのおいしいケーキでしょうね。

ちなみに、ひとつはモンブランでした。






ひょえ~~~っ!

あ、な~るほど、そっかぁ~



ワタクシには考えも及びませんでした。

帰りの電車でデパ地下で買ったケーキを食べる。

それは、なにもいけないことではない。






家に帰るまで待ちきれないのか、

または、もしかしたら、それは彼女の夕食だったのかもしれない。





でも、





うらやまし~。


ケーキを買ったら

家に持って帰らなければいけないと思っていた。





でも、お弁当やパンを買って電車で食べてもいいのに

美味しいケーキを買って食べていけないわけはない。



その柔軟な発想ができないだけなんです。

お店の人に言えばちゃんとフォークだって付けてくれるもんね。






Pc030108いいな~、自由でいいな~。

そうよ、それで誰かを不快にするわけじゃないんだから

なんでも自由に食べたいものを食べればいいじゃん!





そうよ、ワタクシ達は誰でもみんな

自由なのよーーーっ!!





でも・・・、

やっぱりちょっと勇気がいるな。

空いている時間帯ならできるかな?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショウガない

こんにちは。

まず、柴田屋酒店内にあります甘酒カフェ「ゆふ」から営業時間のご案内です。


甘酒カフェ「ゆふ」の営業時間は

・午前10時~午後1時

・午後3時30分~午後5時30分

の二部制です。





柴田屋酒店とは異なりますのでよろしくお願いいたします。

尚、日曜日は定休日です。






さて、冬とは言いがたい暖かなお天気が続いていますが

それでも冬らしいおいしいものはやっぱり食べたくなります。

食卓に上がるごちそうはそろそろ冬支度。





先日は我が家の食卓に粕汁が今シーズン初登場。






Pb280097鮭、里芋、大根、人参、ゴボウ等、がっつり具沢山。

いつもは塩麹で味を付けるのですが

たまたま白味噌があったので白味噌仕立てに。

白味噌も酒粕とよく合いますね。






あ~、そろそろ鍋料理もいいですね。

粕鍋にしてもよかったかな。

そのほうがおかずが少なくて済むから。





ところで、

粕汁にも使ったりして

うちのショウガが切れていたので

今日買い物に行って買おうと思ったら

ショウガが売り切れていました。





「好評に付き完売しました」と書いてありましたが

なにが好評だったんでしょう・・・。

多分、テレビで、

なんか、

やったんですね?






しばらく続くのかな、これが。

粕汁にショウガは「マスト」なんだけどな。





ちなみに、田原産コシヒカリで造った純米大吟醸「優」のおいしい酒粕は

柴田屋酒店で好評発売中です。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«もちろん今夜も