小さな暴れん坊

こんにちは。

毎年、田原市文化協会主催の「春の文協まつり」に

生け花を飾らせてもらっています。

今年も今日と明日、田原文化会館で開催中です。






P5250075今回は初めてお師匠さんの「ダメ出し」無しで

自力で仕上げた作品です。






他の教室のみなさんは

もっと大きくて豪華な(?)作品を出すのですが

「それならば逆に小さい方が目立つよ」というお師匠さんの方針で

我が教室だけは小ぶりな作品が並んでいます。






腕が未熟な上に作品が小さいとなると・・・






そう、企画性で勝負よ!






今回のテーマは「クイーン・オブ・ハート」。

「ふしぎの国アリス」に出てくる「ハートの女王」です。






まず、真っ赤なハート型のアンスリウムはそのまんま「女王様」。

白い襟を立てた女王のドレスのイメージで白いカラーの花を添えました。

左側の緑の三角形は「ふとい」という植物ですが

これは隊列を組むトランプの兵隊達です。






説明しないとわからないとは思いますが、

これを考えるのが自分では楽しいの~。






なぜ、「クイーン・オブ・ハート」を題材にしたのかというと・・・







P4221126先月行ったディズニーランドで見た

パレードのフロートの後をついていく「クイーン・オブ・ハート」の動きが妙に気に入って、

(すみません、後ろ向きの写真しかなくて→)






悪役を主役にするのもおもしろいんじゃないかと思ったんです。






そのお陰で教室の他の生徒さんから

「いつも個性的ですね」と言われました。





あれ?

いつも?





本当はもっと毒々しく

センスの悪い感じにしたかったのですが、

多分それだと「生け花じゃない!」と

お師匠さんにダメ出しされると思うので

やや控えめにしておきました。






明日の午後4時まで展示されています。

大きなものから小さなものまで

生け花がたくさんありますので

みなさん、見に行ってください!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美しい五月」

こんにちは。

「雨の日が好き」






そんな繊細なことをいう女性に憧れますが

ワタクシは根が単純なのか晴れの日の方が気分がいいです。






特に、五月の晴れの日はすばらしい。

五月の明るい日差しは紫外線のお肌への影響も非常に気になるところですが、

やっぱり五月の晴れた日は好きです。






いつも五月の晴天の日には「美しい五月」という言葉が浮かんできます。






そんな曲があったかしら?

それとも、どこか外国の詩だったかしら?






調べてみたらシューマンの「美しい五月に」という曲が出てきたので聴いてみましたが

聴いたことのあるような、ないような・・・。

ちょっとこれとは違ったかな?






中学校で英語を習ったとき、

「beautiful」の意味は「美しい」だと習いました。

でも、実際使われている英語では

「beautiful」は「美しい」だけでなく「すばらしい」という意味も含まれているようです。

表面的な美しさを言うのではなく、

内面のすばらしさがあって、そこから出てくる美しさ。

外見だけじゃ「beautiful」じゃないんです。






五月の美しさは、まさに「beautiful」。






P5250070寒い冬を乗り越えて春先に芽吹いた草花がグングン育ち

暑い夏の光を浴びて強く逞しく成長し

やがて実りの秋を迎える。






その夏に向かう途中の勢いや力強さを感じるのが五月の風景の美しさ。

「beautiful」な美しさなのです。







と、そんなカッコいいこといっちゃってますが

ワタクシの場合、夏の暑いのは大の苦手で

なるべく夏は動きたくなくて

今のうちにいろいろと活動しておこうと思っているので

天気がいいと妙に張り切りたくなるわけなんです。






(その活動内容は主に家の片付けだったり、庭の手入れだったりしますが・・・)



「美しい五月」もあと少し。

五月は「忙しい五月」でもあります。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危険なお菓子

こんにちは。

最近のお気に入りのお菓子、

今さらなんですが、






P5240068

「エアリアル」。





いつごろからあるお菓子なんでしょうか?

いつもスーパーで目にしていたので知ってはいたのですが、

そんなに興味はそそられず、

買ったことも食べたこともなかったんです。

それがある日、急に思い立って買ったんですね。

なんなんでしょうね、この消費者心理。

今さらですよ、本当に今さら。






多分、たまたまその日、

他にそんなに興味を惹くものがなかったということだったんでしょうね。

エアリアルにチャンス到来!ということだったのだと思います。




軽~い食感がなんともいえない。

味はシンプルに塩味とチーズ味。

他にも種類があるみたいだけど、普段ワタクシが目にするのは多分この二種類。

でも、このシンプルさが食感を引き立てています。







我が家の場合、スナック菓子を食べるのは大体お酒の肴として。

ビールやチューハイのおつまみに合うわよ~。






軽~い食感のお陰でいくらでも食べられちゃう!



おっと、これは危険だ!

食べ過ぎ注意です!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濁点

P5230067こんにちは。

スーパーでアボカドを買ったのですが

スーパーのレシートを見たら「アボガド」となっていました。





ちょっと前まではワタクシも「アボガド」と言っていたので

他人のことは言えませんが、

本当は「アボカド」だと知って

最近は「アボカド」と言うようになりました。






レジの商品の登録時の間違いだとは思いますが、

最近、さらっと「アボカド」と言えるようになった身としては

これは非常にひっかかる問題です。






ワタクシの旧姓は漢字で二文字ですが

ひらがなでも二文字

当然、カタカナでも二文字の名前です。

濁点は付きません。






そんなにない名前なのでよく読み方を間違えられるのですが

濁点を付けて呼ばれる場合もあります。

二文字しかないうちの一文字に濁点を付けられると

それだけで随分印象が変わります。






でも、初対面の人には濁点を付けて呼ばれる場合の方が圧倒的に多く

訂正するのが面倒になって間違ったまま何年も過ぎるということがしばしばありました。






会社に勤めているときのこと、

いつも電話で話をする取引先の事務の女性が会社をお休みされて、

その上司の部長さんからワタクシにじきじきに電話がかかってきました。






あまりその方とはお話しををしたことはなかったのですが

ワタクシの名前は覚えていてくださったようです。






少し話しをして「じゃあ、ファックスで送るからよろしく」と言われ電話を切りました。






しばらくして一枚のファックスが流れてきました。


その部長さんは濁点がついた間違った読み方で名前を覚えていてくださっていたようですが、

その間違った読み方に、そこから推測できる漢字一文字の苗字を当てて宛名を書いてくださったものだから

それを見たワタクシとしては

もはや自分の名前から推測できる苗字の域を越えておりまして・・・






「誰?」



これが自分宛のファックスだと理解できるまでに少しの時間を要しました。






小さな点々ですが

濁点って案外存在感あるのよね。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫が寄ってくる

こんにちは。

今年はブルーベリー同様、ブラックベリーもやられてしまった。

ブラックベリーは幼虫じゃなくて風にやられたのですが。




P5220064ブラックベリーを這わせていたラティスが雨上がりの大風に煽られて倒れ、

それにひっぱられてブラックベリーの一番長かったツルが折れてしまいまして

かなりのボリュームダウンです。






ツルが風でバタバタなって傷まないようにしっかり縛り付けておいたのが裏目に出た感じ。

今年の収穫量は期待できません。

トホホ・・・。






そんなブラックベリーの近くで

何事もなかったかのように鎮座ましましているのが~






P5220065「ヒイラギ」。

まだ小さいです。

柴田屋酒店の入り口のすぐ横です。







なぜヒイラギがそこにって?

ワタクシも聞きたいです。

二年ほど前、勝手に生えてきまして。







そんな所で大きな木になられても困るので

そのうち抜くつもりなのですが

つんつんした葉っぱが妙に可愛くて

ついつい眺めて楽しんでしまい、

あっという間に二年が経ちました。




「いいかい、キミはここでは大きくなれないんだよ」





いっそ自分で枯れてくれれば諦めもつくと

いつも言い聞かせておりますが

葉っぱは相変わらず青々とし

春になってさらに枚数を増やしているように思えます。






でも、でも、

そこにヒイラギの木は絶対にあり得ない!

いつかは抜く!

いつかは抜くんだからねっ!






でも・・・







節分にはヒイラギにイワシの頭をさして玄関先に飾ると魔よけになるとかいうでしょ?

丁度店の入り口だし

じゃあ、来年の節分までは置いといて

イワシの頭でもさしてみようかな~、

その前にはクリスマスもあるしぃ、

とか思っちゃったりするんですね。






でも、そこにイワシの頭があったら、

猫が寄ってきますよね。



あ、いや、それも楽しっかな~。







と、アホなことを考えて、

今日もまた抜けずにいます。






ヒイラギの葉っぱのトゲトゲは

木が若いほど鋭くて

年数が経つほど丸くなってくるそうです。

人間もそうありたいですね。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産地あるある

こんにちは。

先日塩漬け(下漬け)した摘果メロン

なんだかんだ言いながら、

いよいよ粕漬け(本漬け)作業です。







酒粕にお砂糖とみりんを加えた中にメロンを漬け込みます。



P5200055まず、容器の底に酒粕を敷き詰め

切り口を下にしてメロンを並べます。

その上からまた酒粕を敷き詰め、

メロンを並べます。






メロンの大小がありますが

パズルのように大きいのと小さいのを組み合わせ

なるべくむらなく並べます。

これを数回繰り返して

最後は酒粕で蓋をして終了~!







P5200061ラップで表面を覆いますが

そういえば、炭を上に置いておくといいのだったということを思い出し

炭を置いてみました。




それが何にいいのだったかは忘れましたが、

やり遂げた感はあって

とりあえず気分はいいです。







3ヶ月後くらいから食べられるそうですが、

そんなに長く待てるかな?





今日のお昼のNHKの番組を見ていたら

北海道の富良野から中継をしていましたが、

あちらもメロンの産地で

やはり摘果メロンのお漬物が紹介されていました。







富良野のお漬物というだけで

おしゃれな雰囲気がそこはかとなく漂っていました。



紹介されていたのは粕漬けではなかったけれど、

北海道の人は酒粕が好きだから

きっと粕漬けも作るだろうと思います。

メロンの産地あるあるですね。



P5210063ちなみに、

柴田屋酒店では酒粕を販売しておりますが

漬物用のちょっとお値打ちな酒粕もあります。

(1kg入り 400円・税別)







純米大吟醸の粕なので香りもいいし

熟成粕なので軟らかくて扱いやすいです。

メロンだけじゃなく色んな粕漬けにお薦めです!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わらないでいてほしかった。

こんにちは。

何がきっかけだったかしら?

最近「あおさ」が大人気だとかで

ここ一、二年で価格も高騰しているようです。




非常に困っております。

海藻好きのワタクシは

あおさも大好きだから。



ブームとかそういうことじゃなくて

ワタクシは前からあおさが大好きで、

伊勢や鳥羽辺りに行ったり

伊勢や鳥羽辺りの水産品を扱っているお店などに行くと

あおさを買うことになっているのですが

最近はほんとうに高くてびっくりです。







健康にいいのだとよくテレビで言っているので

ますます需要が増えているのかしら?



でも、あれじゃなかったでしたっけ?

伊勢とか鳥羽とか志摩とか

あの辺りで獲れるのしか「あおさ」って名乗っちゃいけなんですよね?






田原だって海を挟んで伊勢や鳥羽は目と鼻の先で

あおさはたくさん獲れるのですが

「あおさ」とは名乗れないようです。







P5190051でも、「あおさのり」ならオッケーみたい。

よかった、ふふふっ!






「あおさ」っていうのは方言で

正確には「ヒトエグサ」というそうです。

田原で獲れるあおさのりも「ヒトエグサ」。

産地が少しずれてるだけで、同じ海藻のようです。




値段は忘れたけど、

大きな袋にたっぷり入った田原産「あおさのり」ですよ~。




この大入り袋のおかげで

今は毎朝あおさ入り・・・

あ、違った、

毎朝「あおさのり」入りのお味噌汁です。






それにしても・・・






ワタクシがあおさのおいしさに目覚めた頃は

あおさは繁殖力がすごくて

海でワーワー育っていて

「海のごみ」みたいな言い方されていたんですけどね。

時代が変われば扱いも随分変わるモンですね。



あおさのすばらしさがやっと世間に認めてもらえてよかった。






ただ、

値段は変わらないでいてほしかった。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福ちゃんは知っていた。

こんにちは。

猫がおもちゃにじゃれつくのは

獲物を捕る練習なのだそうです。






P1070494ご近所の仲良し猫の福ちゃんは虫捕りの名人(名猫?)ですが、

これも毎日ワタクシとおもちゃで楽しく遊んでいるおかげでしょうか?






暖かくなってきて、というか、暑くなってきて

いろんな虫が活動を始めました。

福ちゃんも虫捕りシーズンに突入しております。



いろんな虫の中でも、福ちゃんはトンボや蝶々など飛んでいる虫を捕るのが得意。

虫じゃないけどコウモリを捕まえることもあります。




ワタクシと遊んでいても

近くで蝶々やトンボが飛んでいるのを見つけると

それをめがけて一目散に走っていき

ジャンピングキャッチで一発で仕留めることがあるし、

風の強い日にビニール系の軽いゴミが舞い上がるのを追いかけて遊ぶこともあります。






そんな「飛んでるもの好き」な福ちゃんなんですが・・・






最近、いつもワタクシと福ちゃんが遊ぶ場所に

アシナガバチが姿を見せるようになりました。






ふわりふわりと宙を舞うアシナガバチ、

恰好の福ちゃんの獲物じゃないですか?

アシナガバチが現れるとやはり福ちゃんの目はアシナガバチに釘付けになります。

でも、だめだよ、福ちゃん。

ハチに触ったら刺されてひどい目に遭うよ!






はらはらしながら福ちゃんを見ていますと

なんと福ちゃん、アシナガバチは捕ろうとしないんです。

それどころか、アシナガバチが近づいてくると慌てて近くに停めてある車の下に逃げ込みます。






お~っ、福ちゃん、

ハチは危険な昆虫だっていうこと、知っているのね。


ハチに刺されたことあるのかな?

それとも、持って生まれた動物の本能で、

猫はみんなハチには近づかないのかな?






すごいぞ、福ちゃん!

さすが「虫捕り名人」だぞっ!





福ちゃんの隠れた能力に

感心するワタクシなのでした。








P2060765

そんなこと、常識だニャ。

みんニャもハチには近づかないように

気をつけてニャ!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁起が良いよな悪いよな?

こんにちは。

以前、友人が結婚披露宴などの司会の仕事をしていまして

仲間数人で集まったりしたときにそのコがいると

「あれ?今日って仏滅?」

って話しになります。






ご存知のとおり、

古くから仏滅は縁起の悪い日ということになっていまして

結婚式などはあまり開かれないわけで

当然、結婚式関係の仕事は仏滅の日には少ないわけです。






自分がいるから「仏滅?」とか言われるのって

どういう気分かしら?






反対に、

お葬式が行われないのが六曜の中でも「友引」。

「友を引く」・・・死んだ人にあの世に引っ張っていかれるってことでしょうか?

言葉の響きからお葬式をするには縁起が悪いと考えられるわけですね。






したがって、お葬式の関係のお仕事もこの日はヒマ。

そして、お葬式が行われる場所であるお寺もヒマ。






ということで開催されるのが「友引市」(in西尾市西幡豆町)。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅近くの祐正寺というお寺の境内が会場になります。







P5170050で、それにあわせて年に二回くらい開催されるのが「尊皇蔵開き」。






縁起が良いのか悪いのかよくわからないイベントですが

縁起悪そうなのを逆手にとってる感じが好き。






次回は6月17日(日)。

詳しくは尊皇さんのホームページで。

きき酒大会もありま~す!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしいのに残念

P5160046こんにちは。

去年、福ちゃんのお母さんにもらったクレマチス、

うれしいことに春になってグングン育ち、

たくさん花を付けて

今まさに盛りを迎えております。







想定外に大きくなって

ちょっと目をはなした隙につるがじゃもじゃになって絡まるところがなくなってしまい

家の玄関の脇の雨どいにひもをつけて

そこに無理やり絡ませました。







P5160048したがって、玄関の前の植木鉢達に周りをがっちりガードされて、

通行人のみなさんにはまったく見てもらえないという

ちょっと残念なことになっております。

(※写真の上の方の矢印の下に少~し見えております)




去年は小さな花が2、3個咲いただけだったのに。

こんなふうに、年々株が大きくなっていくものなんでしょうか?






しまったな~。

こんなに大きくなって、こんなにたくさんきれいな花が咲くんだったら

早めに大きな植木鉢に植え替えをして

お店の前に出してみんなに見てもらえばよかった・・・。







P5160049ただ、

新聞屋さんだけは毎朝見てくれているんじゃないかと密かに期待しているんですが、

まだ朝早いうちは暗くてよくわからないかな?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«混乱