引退ブーム

こんにちは。

最近「引退」という言葉をよく耳にします。

ちょっとしたブームの感すら漂っている・・・。






P1200528仕事なり、スポーツなりを精一杯やりとげ

「これで満足。悔いはありません。燃え尽きました」という引退であれば、

たとえどんなに惜しまれたとしても

ご本人が決めた新しい門出を

心からの拍手で送ってあげたいと思うのですが・・・






責任をとって引退というのは、

その人がその世界で功績を残した人物であればあるほど

後味が悪いものですね。






なんかすっきりしない引退が続くな~。






サラリーマンならば定年退職というのがあって

それが一つの節目となりますが、

ワタクシなどは自営業ですのでそれがありません。

いつかは自分でその時を決めて幕を引かなければいけません。



生涯現役ってのもいいけど

リタイアしてのんびり暮らすっていうのも憧れる。

でも、潔く幕引きを決断できるだろうか・・・?

(そもそも老後を遊んで暮らせる年金がもらえるのか・・・?)






う~ん、まだピンとこないところもありますね。

今のところは悔いの残らないように一生懸命働くとしましょうか?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと来た~!

P1160517こんにちは。

今週の火曜日のことだったでしょうか。

脚立を持った作業服の男性数名が店の前を歩いていると思ったら

柴田屋酒店前の街路灯に登ってなにやら作業を始めました。





なに?

ワタクシの大事な街路灯(?)に

なにをなさるおつもり?





あ、その足元のハンギングフラワー、

うちでお世話してるんだから、

ひっかけたりしないように気をつけてね。





とか、思いながら見ておりましたら・・・






P1160521むむっ?

菜の花の写真。

こっ、こっ、これは、もしかして・・・!






「菜の花まつり」のフラッグじゃないですか~!

フラッグを掛けに来てくれたのね!






街路灯が設置された時からフラッグを掛けるようにはなっていたのですが、

大人の事情で掛けられないとかって話でしたが

そうですか、ついに来ましたか。






P1190527お~っ、華やいだ~!

春めいた~!





今週は暖かい日が続きましてホッと一息といった感じですが、

また来週は寒波がやってくるみたいですね。





でも、春の足音が聴こえた気がします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わけあって、「ふわふわ甘酒」はじめました。

こんにちは。

昨シーズンに、甘酒カフェ「ゆふ」の新メニューとして登場した「ふわふわ甘酒」。





期間限定ということで、昨年の春以降はお休みしていたのですが、

今年の冬になっても再開はしていなかったんです。


しかし、このたび、めでたく再開~!


ちょっとわけがありまして今頃再開したのですが

そのわけはちょっとここではお話しできることではないので

ここには書きません。






っていうと、よけい知りたくなるでしょ?





そういう戦略、

というわけではありませんが、

やっぱり書けません。






っていうと、ますます知りたくなりますよね~?





って、やっぱり書きませんけどね。

ふふふっ・・・、ふふふふふっ・・・・・・






Pc160026ということで、

この「ふわふわ甘酒」、

何がふわふわかというと

甘酒にふわふわのホイップクリームがのっかっております。




コーヒーにlホイップクリームを浮かべた「ウインナーコーヒー」ってありますよね?

その甘酒版みたいな。



甘酒と乳製品の組み合わせってとってもおいしくて、

冷たい甘酒にバニラクリームを浮かべた「甘酒ふろーと」というのが当店のメニューにあります。



寒い冬にも温かい甘酒でこんな感じのものができないかと思い

考え付きました。






一応今回も春頃までの期間限定の予定。

お飲み逃しなく!


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月餅と、若かったあの頃

こんにちは。

「月餅」という中華菓子を初めて食べたのは

短大を出て就職したばかりの頃。





会社のいただきものだと思うのですが、3時のお茶の時間に配られてきました。






中村屋の月餅でした。

それがおいしくてね~。



大好きなナッツがいっぱい入っていて、

いろんな味がして

「なんだ、このおいしさは!!」

と感動しました。






「中村屋」って・・・いつも通勤で通る地下街にある「中村屋」?(当時)

そっか、あのお店で買い物をしたことはないけれど

こんなにおいしいものを売っているお店だったんだ。






後日、会社の帰りに立ち寄ってみました。

「月餅、月餅・・・・・・」

ショーケースの中を覗きこむと・・・





あった!

あれと同じのがあった!






月餅を指差し、店員さんに言いました。






「ツキモチ、ください」





・・・・・・・・・





それからどれくらい経ってから知ったのでしょうか、



それが「ツキモチ」ではなく「ゲッペイ」だということを。






今思い出しても恥ずかしい。

若かったな、あの頃は。





ワタクシみたいな若者はよくいるんでしょうか?

店員さん、何も言わずに月餅を袋に入れてくださいました。






P1150516先日いただいたのは

横浜土産の「聘珍楼」の月餅。

ナッツは入っていなかったけれど、お上品な味わいでこれもまたおいしい。

ごちそうさまでした。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あさイチ」で紹介されました?

こんにちは。

今日のNHK「あさイチ」は酒粕特集でした。





でも、朝刊のテレビ欄を見て気が付いたのが8時半ごろだったので

もう番組が始まって15分くらい経っていて

慌てて録画をしましたが

もう「酒粕活用レシピ」みたいなのになっていたので

ま、番組ホームページで見ればいっか?




ということで、午後、スーパーに買い物に行ったら酒粕は売り切れていました。

いえ、買いませんけどね。

気になったもので。



なぜなら、



P1160523柴田屋酒店でも酒粕は売っているから~!






うちのは、田原産減農薬栽培コシヒカリで仕込んだ

田原の銘酒、純米大吟醸「優」の酒粕です。



純米大吟醸の酒粕はスーパーで売っている板粕みたいにギューギューに搾っていません。

ふんわりと柔らかなので

前もってお湯に浸けてふやかしたりしなくても

ほろっと崩れてそのままお料理に使えます。




それに田原産の減農薬栽培のコシヒカリなので味が良い!






それなのに、1kg:571円(税別)というお手ごろ価格なのは蔵元直送ゆえ。


ちなみに、

300g入り:171円と

熟成粕1kg:400円もあります。

(どちらも税別)

地方発送もうけたまわります。






美容にも健康にも良い、

とNHKでもいっている酒粕を

みなさん、たくさん召し上がってくださ~い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢だけみさせて・・・

こんにちは。

みなさんご存知ですか?

今年のお年玉つき年賀ハガキの抽選日を。






昨日だったみたい。

実はワタクシも知らなくて、

いつだったかな~と思って見てみたら昨日でした。






P1150515だから今日の新聞に載ってますよ。

郵便局のホームページでも見られると思いますが。


毎年抽選日が違うと思うのですが、どうやって決めてるのでしょうか?

1月の第二日曜が抽選日?

ではないようです。

なぜなら去年は1月15日で第三日曜日だったから。






ちなみに、このブログをさかのぼったら

2012年は第四日曜日でした。



とりあえず抽選が終わるまで年賀状が片付けられないので

できれば早めに抽選して欲しいです。






こういうのは、日にちをきっちり決めて

みんなに覚えてもらったほうがいいと思うんだけど、

う~む、郵便局、こんなに気持ちが揺れている理由はなに?





ということで、今年も一等賞は現金10万円かセレクトギフト。

直球すぎて夢が無い感じもしますが、

そんなに欲しくない豪華な家電品とか当たるより

こっちの方がうれしいですね。



でも、10万円だと生活費に吸収されてしまいそうな気もする。

本数少なくなったとしても100万円の方が夢があるかな?

どっちにしても、なかなか当たらないので

夢だけ見させてもらえれば・・・。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余裕の返事

こんにちは。

厳しい寒波で北日本や日本海側の地域は大雪に見舞われているようです。

太平洋に面した田原では雪が降ったといっても年一、二度。

それも1センチか2センチ。

雪国の生活というのは想像がつきません。






結婚前に勤めていた会社の取引先で富山県の会社がありました。

ニュースで「日本海側は大雪」というのを見て、

「そちらは大変な雪なんですよね。大丈夫ですか?」と電話したついでに聞いてみると

「ええ、そうですね~。たくさん降ってますね~」と余裕の返事。



みんな大雪の中ちゃんと出勤して通常業務をこなしています。

名古屋あたりで10センチも積もったら

電車が遅れた、バスが遅れたと、そりゃあ、通勤するだけでも大騒ぎ。

雪国の人は大したもんだと感心します。






そういえば、沖縄とか小笠原諸島とか南の島の人は

大きな台風がたて続けに来てもそんなに被害がでない。

備えができてるんでしょうね。

これが東京だったら大変な被害がでるのだろうけど、

南の島の人は大したもんだとこれまた感心します。






今日、豊橋から柴田屋酒店内にある甘酒カフェ「ゆふ」に来てくださったお客様がありました。

「豊橋は風がなかったけど、こちらはやっぱり風が強いですね」






あれ?

連日の強風が今日は少し治まって穏やかなお天気だと思ってたのに。

こんなの風が吹いてるうちにはいらないんですけど・・・。






「あ?そうですか?あ~あ、そうかもしれませんね~」

と余裕の返事をしておきましたけれども。






雪国の人が雪に慣れているのも

南の島の人が台風に慣れているのも

こんな感じなのかしら?

長く暮らしていると慣れてくるものなんでしょうね。



そういえば、

結婚して田原に来たばかりのころは

しょっちゅう洗濯物を風に飛ばされていましたが

今はそれもめっきりなくなりました。






そんな風の街・田原では

「渥美半島菜の花まつり」が今日から始まったようですが・・・



P1130510うちの菜の花は今年はなかなか咲かないな~。

まだつぼみも付いてませんよ。

他では咲いているんでしょうか?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味で選べば、

こんにちは。

この前、こんなものを買いました。



P1110506「キットカット・甘酒味」

お~っ、ついに甘酒ブームがキットカットにまで。






そういえば去年はキットカットの「日本酒」ってのもありました。

あれもホワイトチョコだったけど、今回もホワイトチョコなのね。

おいしそ~!






で、食べてみたんです。


おいしいけど・・・これって「甘酒味」?

微妙に日本酒の味がするんですけど~。


みなさん、「キットカット・甘酒味」ってどんな味を想像しますか?

麹の香りとまろやかなホワイトチョコレートが絡みあって~、

みたいなの想像しません?

ちょっと違ったんです。






よく見たらね、

「酒粕の風味ひろがる甘酒味」

って書いてあった。

酒粕の甘酒の方か~。

どおりで!






時代は今、「麹の甘酒」。

「麹の甘酒」と書いてあればそれなりになんでも売れる時代です。

なのに、なぜ酒粕を選んだ?






いえ、ワタクシはうれしかったですよ。

きっとホワイトチョコレートには麹の甘酒よりも酒粕の味の方がマッチしたんですよ。

流行を追いかけずに、味を選んだんですよ。






ネスレ様、ありがとう!

酒粕の甘酒の未知なる可能性をさらに引き出してくれてありがとう!

「あ、酒粕のは好きじゃないんで」

という消費者の声を恐れずに商品化してくれてありがとう!






この場をお借りして

「酒粕の甘酒振興会」会長のワタクシ(?)から

ネスレ様に御礼を言わせていただきます。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一長一短

こんにちは。

ピーラー(皮むき器)は便利なのですが

これまであまり使ってこなかったんです。






前に百円ショップで買ったのは

すぐに刃がさびて使えなくなってしまいまして

「安物買いの銭失い」を痛感しました。






ピーラーは凸凹したところは剥けないけれど

包丁なら細かなところまで刃が届くのがよかったりもするし。






そんなわけで最近はほとんどピーラーを使っていなかったのですが

ちょっと前に何かのはずみで使いだしたんです。






P1100504それも、もう何年も前に百円ショップで買ったピーラーだったのですが

今でも切れがいいんですね。





「あれ?意外といいじゃん!」

ってことになりまして、最近はことあるごとにピーラーを取り出して使っています。






ただですね、頻繁に使うようになって気付いたのですが、

ピーラーって、剥いた皮が飛び散りません?






シンクのごみ入れ目指してピーラーを動かすのですが

半分くらいごみ入れの外に落としてしまうので

後から度手で拾って入れなければいけません。






上手に操作できないのはワタクシだけでしょうか?

何かコツってあるんでしょうか?






だったら包丁で剥いた方が簡単かも・・・

な~んて考えが時々脳裏をよぎります。






「剥いた皮が一箇所に落ちるピーラー」

だれか考えてくれないかしら?


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生に一度

こんにちは。

一年も前から成人式の着物の着付けの予約を入れて代金も支払ったのに、

当日行ってみたお店はもぬけの殻。

まったく酷い話です。






結婚式や卒業式はやろうと思えば何度でもできますが(?)、

成人式は本当に一生に一度。






P1100505_2そりゃ、振袖だって何度も着る機会はありますが、

成人式に晴れ着を着るのとはまた意味合いが違ってきます。

自分にとっても、育ててくれた家族にとっても。






成人式ではないのですが、

実はワタクシも着付けの予約についてはちょっと苦い思い出がありまして・・・、






短大の卒業式当日。

袴を借りた近所の呉服屋さんが、

着付けはサービスで無料でやってくれるということだったので、

早朝、約束の時間に呉服屋さんに行きました。






ところが、

呉服屋さん、お店がまだ閉まっています。

嫌な予感・・・。


昔ながらの商家の佇まいを残す大きな店構え。

インターホンなどあるわけもなく、

入り口の扉を叩いても店の中に人の気配がありません。

電話をかけてみましたが応答なし。






それでも、入り口をドンドン叩いて呼び続けましたらやっと奥からでてきました。

よかった、いたんだ。






「すみません、昨日親戚の結婚式で遠方に行っていて

帰ってきたのが夜遅くだったもので・・・」

まだ寝ていたみたい。





で、慌てて着付けをしてくれたのですが

寝ぼけていたのでしょうか?






袴のサイズが大きくて丈が長いうえに、

卒業式の袴姿の場合、襟はきっちりと閉じるのが普通なのに

襟を抜かれた。






「何かが違う・・・」

自分でもそう思ったのですが

若かったし和服には慣れていなかったし、

そもそもクレームつけてる時間がなかった。






そういうものだと自分に言い聞かせそのまま卒業式に出かけ、

晴れの門出の一日を悶々としながら過ごしたのでした。






卒業式はやろうと思えば何度でもやれるとは書きましたが

それでもやっぱり、普通は一生に一度の袴姿。

それが・・・。






今思い出してもため息がでます。

あの時の写真は見たくない。






成人式はみんな同じ日にやるのでこういう間違いはないと思うのですが

卒業式は学校によって日にちが違いますので

こういうアクシデントがおこることも?




間もなく卒業式のシーズンですが、

個人のお店などに卒業式の着付けの予約を入れてある方は

1日・・・いや、できれば2日か3日前に確認をとっておくことを勧めします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「酒蔵を知る会」